DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/03 20:04|ファンタジー映画TB:16CM:0
多くの遺跡を残し、天文学においては緻密な計算がなされていたなど、超古代文明として知られる“マヤ文明”。その古代マヤ人が記したマヤ暦は、2012年 12月21日に、時の終末を記している。それに起因して流布されている“2012年地球滅亡説”を題材に、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒが、壮大なスケールと驚異の映像で放つSF超大作

予告編

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

上映中の作品スケジュールは劇場ページでチェック!



▽続きを読む▽
2009/07/24 22:13|ファンタジー映画TB:0CM:0

愛する女性を救うべく、ある男が永遠の愛を探し求めるために壮大な旅を繰り広げるファンタスティック・ラブストーリー。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』のダーレン・アロノフスキー。死に打ち勝つ方法を模索する主人公を『X-メン』シリーズのヒュー・ジャックマン、彼の最愛の女性を『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズが演じる。アロノフスキー監督ならではの美しく幻想的なビジュアル世界と感動的なラストを堪能したい。

 

 

難病に冒された最愛の妻の命を救いたい……その思いだけを胸に、特効薬の研究に没頭する医師のトミー。妻のイジーは運命を受け入れ、残されたわずかな時間をトミーと過ごし、彼の心に自分が生きた証を刻みつけたいと願う。だが、妻の命が尽きる前に新薬を完成させようと焦るトミーには、その思いが届かない。そんな彼に、イジーが渡した最後の贈り物。それはトミーの前世を思わせるスペインの高潔な騎士が女王の命を受け、不死を約束すると信じられている伝説の<ファウンテン(生命の泉)>を探す旅に出かけていく、壮大な物語だった……。

 

ファウンテン 永遠につづく愛 [DVD]

 

 

ファウンテン 永遠につづく愛 [DVD]

 

 

ファウンテン 永遠につづく愛 [DVD]

 

 

ファウンテン 永遠につづく愛 [DVD]

 

amazon.co.jp 

 

スタッフ

  • 監督・脚本: ダーレン・アロノフスキー
  • 製作: アーノン・ミルチャン / イアイン・スミス / エリック・ワトソン
  • 製作総指揮: ニック・ウェクスラー
  • 撮影: マシュー・リバティーク
  • 美術: ジェームズ・チンランド
  • 衣装: レネー・エイプリル

 

キャスト

 

関連リンク

2009/06/09 22:24|ファンタジー映画TB:0CM:0

ファンタジーと聞くと、子ども向けの印象を持つ人は多いだろうが、傑作ファンタジーは、人生を積んだ大人をこそ感動させる。これは、その好例を示す一本である。11歳の少年ジェスは、家では孤独を感じ、学校ではイジメを受ける日々。しかし隣りに引っ越してきた少女、レスリーによって彼の毎日は少しずつ明るさを取り戻す。ふたりは森で見つけた小屋で、空想の王国「テラビシア」を作り上げるのだが…。

 

テラビシアにかける橋

 

テラビシアに住む巨人や不思議な動物が、CGを駆使して映像化される点はファンタジーなのだが、本作の骨子はジェスが立ち向かう日常のドラマだ。レスリーとの出会いがもたらす、クラスメートとの関係の変化や、家族、教師との触れ合いがリアリティたっぷりに描かれる。ジェスとレスリー、そしてジェスの妹を演じる3人の演技は、子役とは思えない自然さで、この点も、かつて子どもだった大人に強くアピール。クライマックスの展開自体は、はっきり言って、ありきたりであるが、ジェスの心の動きを含めて描き方が巧みなので、誰もがうっかり号泣させられるだろう。本当の感動は、このようにもたらされるのだ。涙でにじむラストシーンは、この上ない美しさで光り輝いて見える。

 

amazon.co.jp 

2008/04/12 19:25|ファンタジー映画TB:0CM:0





ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(ハリー・ポッターとふしちょうのきしだん、原題:Harry Potter and the Order of the Phoenix)は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2003年に発表した、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の映画版。2007年7月21日に公開された。

<キャスト>

  • ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ、タイトル・ロール)(吹き替え:小野賢章)
  • ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)(吹き替え:常盤祐貴)
  • ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)(吹き替え:須藤祐実)
  • アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)(吹き替え:永井一郎)
  • ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)(吹き替え:谷育子)
  • セブルス・スネイプ(アラン・リックマン、学生時代:アレック・ホプキンス)(吹き替え:土師孝也)
  • ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)(吹き替え:小宮和枝)
  • ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)(吹き替え:斎藤志郎)
  • フィリウス・フリットウィック(ワーウィック・デイヴィス)(吹き替え:田村錦人)
  • グラブリー・プランク(アップルブルック)
  • シビル・トレローニー(エマ・トンプソン)(吹き替え:幸田直子)
  • アーガス・フィルチ(デイビット・ブラッドリー)
  • ルーナ・ラブグッド(イヴァナ・リンチ)(吹き替え:三村ゆうな)
  • チョウ・チャン(ケイティ・リューング(ラング))(吹き替え:川庄美雪)
  • ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)(吹き替え:上野容)
  • ザカリアス・スミス(ニック・シム)
  • パドマ・パチル(アフシャン・アザド)(吹き替え:斎藤千和)
  • パーバティ・パチル(シェファーリ・チョウドリー)(吹き替え:沢城みゆき)
  • シェーマス・フィネガン(デヴォン・マーレイ)
  • ディーン・トーマス(アルフレッド・イーノック)
  • フレッド・ウィーズリー(ジェームズ・フェルプス)(吹き替え:尾崎光洋)
  • ジョージ・ウィーズリー(オリバー・フェルプス)(吹き替え:尾崎光洋)
  • ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)
  • ナイジェル(ウィリアム・メリング(映画にのみ登場))
  • ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)(吹き替え:三枝享祐)
  • グレゴリー・ゴイル(ジョシュア・ハードマン)
  • ビンセント・クラッブ(ジェイミー・ウェイレット)
  • ケンタウルスのマゴリアン(マイケル・ウィルドマン)
  • ケンタウルスのベイン(ジェイソン・パイパー)
  • グロウプ(声:トニー・モーズレー)
  • ニンファドーラ・トンクス(ナタリア・テナ)(吹き替え:日野未歩)
  • キングズリー・シャックルボルト(ジョージ・ハリス)(吹き替え:立川三貴)
  • シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン、学生時代:ジェームズ・ウォルターズ)(吹き替え:辻親八)
  • リーマス・ルーピン(デヴィッド・シューリス、学生時代:ジェームズ・ウテツィン)(吹き替え:郷田ほづみ)
  • マッド・アイ・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)(吹き替え:小林修)
  • アラベラ・ドーリーン・フィッグ(キャスリン・ハンター)(吹き替え:京田尚子)
  • モリー・ウィーズリー(ジュリー・ウォルターズ)(吹き替え:一龍斎貞友)
  • アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)(吹き替え:梅津秀行)
  • アバーフォース・ダンブルドア(ジム・マクマナス)
  • ジェームズ・ポッター(学生時代:ロビー・ジャーヴィス)
  • リリー・ポッター(学生時代:スージー・シンナー)
  • ピーター・ペティグリュー(学生時代:チャールズ・ヒューズ)(吹き替え:茶風林)
  • ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)(吹き替え:江原正士)
  • ベラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)(吹き替え:高乃麗)
ヘレン・マックロイが演じる予定だったが、妊娠のため降板。
  • ルシウス・マルフォイ(ジェイソン・アイザックス)(吹き替え:諸角憲一)
  • コーネリウス・ファッジ(ロバート・ハーディ)
  • アメリア・スーザン・ボーンズ(シアン・トーマス)
  • ドーリッシュ(リチャード・リーフ)
  • マファルダ・ホップカーク(声のみ:ジェシカ・スティーブンソン)
  • パーシー・ウィーズリー(クリス・ランキン)
  • バーノン・ダーズリー(リチャード・グリフィス)(吹き替え:楠見尚己)
  • ペチュニア・ダーズリー(フィオナ・ショウ)(吹き替え:さとうあい)
  • ダドリー・ダーズリー(ハリー・メリング)(吹き替え:忍足航己)
  • ピアーズ・ポルキス(ジェーソン・ボイド)
  • マルコム(リチャード・マックリン)


スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。