DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/02 10:28|ミュージック

 

 

1981年、ロサンゼルスのクラブシーンで活動していたバンドLondonから脱退したベーシストのニッキー・シックスは、自らのバンドを結成するべくSuite19のドラマートミー・リーを誘い、さらに雑誌広告を見てWhite HorseやVendettaなどの多くのローカルバンドでプレイしていたギタリストのミック・マーズと連絡を取る。 ヴォーカリストにはRock Candyのヴィンス・ニールが一度目のオーディションをすっぽかした後、参加した。 バンド名はミックのアイデアMotley Wolfをニッキーが少し変えてMotley Crueと決定。 4月には自主制作シングル「Stick Your Guns / Toast Of The Town」をリリース。 12月に同じく自主制作による1stアルバム「Too Fast For Love」を発表。 この頃からドラッグ、アルコール漬けの日々だった。

 

 

1982年、メジャーレーベルのエレクトラと契約、7月に「Too Fast For Love」をリミックスしなおし再リリースした。 かつてのグラム・ロックのような派手なメイクにレザーのステージ衣装、ザクザクしたギターリフなど、彼らのスタイルは多くのフォロワーを生み出し「LAメタル」と呼ばれる一大ムーブメントとなった。

 

 

1983年、2ndアルバム「Shout At The Devil」を発表。 タイトル曲、ペンタグラムの描かれたアルバムジャケットから「彼らは悪魔主義だ」とPMRCから名指しで批判されたがバンドはこれを否定。(ジャケットは後にメンバー4人の写真に変更) 騒動の中アルバムは全米チャート最高17位を記録、プラチナムを獲得した。

 

 

1984年、イギリスのドニントンで行われた「モンスターズ・オブ・ロック」にオープニング・アクトとして出演。 が、12月にヴィンスが重大な交通事故を起こす。 自宅で開いたパーティーの途中、ハノイ・ロックスのドラマーラズルとともに足りなくなったアルコールを買いに出かけた途上、停車していた消防車を避けようとハンドルを切ったヴィンスの車がスリップ、中央分離帯を超え対向車線の車と正面衝突してしまった。 この事故により対向車の一般人二人は重傷を負い、ラズルは死亡。 ハノイ・ロックス解散の原因にもなった。 事故後、ヴィンスは自宅に引きこもり、後の裁判で賠償金270万ドル、30日間の禁固刑等の判決が下りた(入獄後、模範囚として刑期は18日間に短縮された)。

 

 

1985年、3rdアルバム「Theatre Of Pain」発表。全米チャート最高6位を記録しプラチナム獲得。 このアルバムより、バンドロゴはアルバム発表ごとに変わるようになった。 この頃よりデビュー前から手を染めていたドラッグ問題が深刻になる。

 

 

1987年、4thアルバム「Girls,Girls,Girls」発表。メイクをやめ、ブームとなっていたLAメタルからいち早く脱却したこのアルバムは全米チャート最高2位を記録した。

 

 

1988年、ガンズ・アンド・ローゼスとのツアー中にニッキーがドラッグの過剰摂取による心臓一時停止。「ニッキーの代わりにベースを弾いた」と発言する人物も現れ(ニッキーは二人いた事件)裁判にもなる(当然バンド側が勝訴)。 この頃ニッキーはガンズ・アンド・ローゼスのアクセル・ローズを弟のように可愛がっていたが、後に二人の中は険悪となる(原因はヴィンスがガンズ・アンド・ローゼスのギタリストイジー・ストラドリンを誤解から殴ったことから発展した)。

 

 

1989年、メンバー全員がドラッグを絶ち、初めてシラフで制作された5thアルバム「Dr.Feelgood」を発表。エアロスミス、スキッド・ロウ、ブライアン・アダムスらがゲストとして参加したこのアルバムは遂に全米チャート第1位を記録し、アメリカだけで600万枚以上のセールスを記録した。

 

 

1991年、再び「モンスターズ・オブ・ロック」に出演。ヘッドライナーのAC/DC、この年に全米No1アルバム「Metallica」を発表していたメタリカの前の演奏だった。 この年に結成10周年を記念したベストアルバム「Decade Of Decadence」発表。全米チャート2位。

 

 

1992年、ヴィンス・ニール解雇。表向きの理由はヴィンスがバンド活動よりも趣味であるカーレースに没頭したためとされたが、当時からニルヴァーナらグランジ勢によるヘヴィロックが音楽業界のメインストリームを席巻し始めたためのバンド側の音楽路線変更にヴィンスが従わなかったことによると噂された。 ヴィンスは不当解雇の裁判を起こし、両者の中は険悪となった。 ヴィンスの後任にはThe Screamのジョン・コラビが決定。 ヴィンスはソロ活動を始め、1993年に1stアルバム「Exposed」を発表。全米チャート13位を記録した。

 

 

1994年に6thアルバム「Motley Crue」を発表。全米チャート7位。 明らかな当時の音楽シーンを意識した路線の変更、また新ヴォーカリストのジョンのイメージ、声質がモトリーらしさに合わなかったために、なかなかの佳作にもかかわらず今作はすぐにチャートから姿を消した。しかし、ファンの間では本作を「Dr.Feelgood」に次ぐモトリーの最高傑作という声も多い。 再びドラッグに手を染め始めたトミーがドラッグの過剰摂取による緊急入院。

 

 

1997年ヴィンス・ニールがバンドに復帰。7thアルバム「Generation Swine」発表。全米チャート4位。

 

 

1998年よりエレクトラ・レコードを離れ、自らのレーベルモトリー・レコードを設立。 2枚目のベストアルバム「Greatest Hits」をリリース。全米チャート20位。

 

 

1999年前年に妻である女優パメラ・アンダーソンへの暴行容疑で投獄されたトミーが脱退。 脱退後トミーはMethod Of Mayhemなるヒップホップ色の強いソロアルバムをリリースした。

 

 

2000年トミーの後任に元オジー・オズボーンのバンドでプレイしていたランディ・カスティロを迎え、8thアルバム「New Tatoo」を発表。が全米チャート41位と振るわなかった。

 

 

2001年バンドの自伝本、「The Dirt」発売。

 

 

2002年にランディ・カスティロが癌により死亡。ツアーには元ホールのサマンサ・マロニーが急遽参加した。

 

 

2003年ニッキーは元L.A.ガンズのトレイシー・ガンズとともにBrides Of Destructionを結成。1stアルバム「Here Come The Brides」発表。がニッキーはツアー終了後に脱退。

 

 

2004年にトミーが復帰、2005年に3枚目のベストアルバム「Red White & Crue」をリリース。全米チャート6位。

 

 

2006年にライヴDVD「Carnival Of Sins」をリリース。 2007年ニッキーが1986年~1987年までのドラッグ中毒だった自身の日記「The Heroin Diaries : A Year In The Life Of A Shatterd Rock Star」を発表。

 

 

同時にそのサウンドトラック「The Heroin Diaries Soundtrack」をSixx:A.M.なるバンドを結成しリリース。

 

 

2008年に8年ぶりとなる9thアルバム「Saints Of Los Angeles」リリース。オリジナルメンバーによるフルアルバムとしては、1997年発表の「Generation Swine」以来、実に11年ぶりとなるこのアルバムは、全米チャート最高4位に。

 

 




スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。