DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/19 17:10|ラブストーリー映画TB:1CM:1
ペドロ・アルモドバルとペネロペ・クルスによる組み合わせによるあまりにも濃厚な“愛”の物語。2008年と1994年と2つの時間軸で物語は進行し、複雑なストーリーが絡み合う。ただし、ミステリー仕立てになっているので話が停滞する事はなく、途中からは一気に引き込まれていくだろう。それにアルモドバル監督の語り口は滑らかで、愛と嫉妬、裏切り、復讐の物語の随所にユーモアを交え、シリアスな話にガス抜きをしている。劇中でさらに映画が撮影され、また主人公達を追うビデオも撮影されている。虚構の世界である映画はコメディだが、ビデオ撮影されている現実の世界では、裏切りや隠された愛が映し出されている皮肉。見応えのある力作だ。

予告編

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

上映中の作品スケジュールは劇場ページでチェック!




抱擁のかけら

ストーリー
2008年、マドリード。脚本家のハリー・ケイン(リュイス・オマール)はかつて映画監督だったが、14年前のある事件をきっかけに視力を失った。そして本名のマテオ・ブランコから名前を変えて生きている。事情を知るエージェントのジュディット・ガルシア(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子・ディエゴ(タマル・ノヴァス)が、ハリーの生活や仕事を手助けしている。ある日、ライ・X(ルーベン・オカンディアノ)という男が自分の監督作の脚本をハリーに依頼する。内容が“父の記憶に復讐する息子の物語”と聞き、ハリーは自分向きではないと断る。しかしそのとき、ハリーはその男が実業家エルネスト・マルテル(ホセ・ルイス・ゴメス)の息子であることを思い出していた。ハリーの過去に興味を持つディエゴに求められ、ハリーはマテオ時代のことを話し始める。 1994年、新進監督だったマテオはコメディ映画を撮ろうとしていた。エルネストの愛人だったレナ(ペネロペ・クルス)は一度諦めた女優になる夢を追いかけるため、オーディションに申し込む。マテオは彼女を一目見るなり心を奪われ、映画の主役に抜擢する。レナのマテオの才能に惹かれ、2人は恋に落ちる。映画へ出資しプロデューサーとなったエルネストは、息子のエルネストJr.をメイキングの撮影という建前で撮影現場に送り込むが、実際はレナの監視が目的だった。しかしマテオとレナの激しい愛は、もはや隠すことができなかった。撮影を終えたマテオとレナは、カナリア諸島のランサロテ島へ旅立つ。そのころマドリードでは、マテオが製作を中断した映画が完成したという広告や、プレミア上映での酷評記事が出ていた。マテオが状況を調べるため戻ろうとした前日、マテオとレナを引き裂く事故が起こる。2人が滞在した部屋のゴミ箱には、破られた抱き合う2人の写真が大量に捨ててあった。2008年、ハリーはライ・Xを訪ね、事故の夜のマテオとレナを撮影したフィルムを受け取る...劇場案内劇場案内

劇場公開予定日
    • 2010年2月6日
スタッフ
    • 監督・脚本: ペドロ・アルモドバル
    • 製作: アグスティン・アルモドバル / エステル・ガルシア
    • 音楽: アルベルト・イグレシアス
    • 編集: ホセ・サルセド
    • 撮影監督: ロドリゴ・プリエト

キャスト
    • ペネロペ・クルス
    • ルイス・オマール
    • ブランカ・ポルティージョ
    • ホセ・ルイス・ゴメス
    • ルーベン・オチャンディアーノ
    • タマル・ノバス

関連リンク
コメント

こんばんは。
いつもTBをありがとうございますー

TBはれないようですので、コメントさせてもらいました。
mig #-|2010/01/27(水) 21:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ{/kirakira/} アルモドバル監督作は、 「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」「ボルベー
トラックバックURLはこちら
http://dvdnayatsura.blog34.fc2.com/tb.php/407-40299ac1

スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。