DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/06 09:08|ラブストーリー映画TB:0CM:0

1本のフィルムがすり切れるまで上映された「私たちの」物語 「言葉よりも映像の方が嘘をつかないから」 名匠フェルナンド・ペレス監督が、「キューバ映画史最も大胆な冒険」として映像と音だけで綴った「永遠のハバナ」。最大の娯楽を求めて映画館に集まるキューバの観客に、この静かな作品が受け入れられるかどうか、という監督の不安は、2003年8月にハバナで公開されるや嬉しい誤算となった。宣伝が全くなかったにも関わらず、口コミでロングラン。1本しかなかったフィルムはボロボロになり、全土で30万人を動員。そして、毎回エンドロールが流れるたびにスタンディング・オベーションが起こった。 俳優は1人もいない。自分自身を演じる無名の人々の生活とハバナの街。 政治家やミュージシャンではなく、この街の8割を占める無名の人々こそが、ペレス監督と観客にとっての 「ハバナ」なのだ。 ジョン・レノンのブロンズ像を守る人々 2000年12月8日、レノンの20周忌に除幕式が行われたこのブロンズ像。その翌日、早くも丸メガネが盗まれた。像を守るために、当時は、昼も夜も雨の中も、市民が交替で見張っていた。 「人は僕を夢想家というかもしれない。けれどそれは僕だけじゃない」 ブロンズ像の足下に刻まれた名曲「イマジン」のフレーズとジョン・レノンは、 夢を追い続けるハバナの人々が守り抜きたい砦なのである。 永遠の名曲「キエレメ・ムーチョ」 厳しい現実と相まって、マレコン通りに激しい波が打ちつける朝。(実際、この通りは、常に水浸しである)そこにオマーラ・ボルトゥオンドが歌う「キエレメ・ムーチョ」が流れると、キューバ人の誰もが目を潤ませる。 監督からハバナへの愛の告白を締めるにふさわしいフレーズがそこにある。 「遠く離れては暮らせない。本当に愛し合っているのなら」

 

 

 

永遠のハバナ [DVD]

 

amazon.co.jp

 

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://dvdnayatsura.blog34.fc2.com/tb.php/265-172b2951

スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。