DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/08 00:40|ミュージックTB:0CM:0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初期の頃にはまさにアメリカンハードロックといった曲が中心であった。

 

特に「Addicted To That Rush」(「MR. BIG」1曲目)、「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」(「LEAN INTO IT」1曲目)「Colorado Bulldog」(「BUMP AHEAD」1曲目)はビリーとポールの激しいソロがあり、特に前者2曲は、ライブでは必ず演奏される定番の曲であった。

 

 

 

中期になるとロックでありながらも、より静かな曲やアコースティックな曲、ポップな曲が比重を占めていく。

 

楽器陣全員がコーラスが出来たためライブでも再現される重厚なコーラスワークも人気の理由の一つであった。

 

この頃の代表曲としては美しいメロディーと、ポールが考案した一風変わったドラムによる「Take Cover」(「HEY MAN」収録)が挙げられる。

 

 

 

リッチー加入から解散までの後期は、若干ファンク寄りの曲が多い。またリッチーは自身のソロでボーカルもしていたため、エリックとのツインボーカルの曲も存在する。

 

 

 

キャリアを通じて、1970年代ロックからの影響が強いことは、カヴァーの選曲からも伺える。

 

これまでにスタジオまたはライヴでカヴァーした曲は、「30 Days In The Hole(ほら穴の30日)」(ハンブル・パイ)、「Baba O'Riley(ババ・オライリー)」(ザ・フー)、「Wild World」(キャット・スティーヴンス)、「Mr.Big」(フリー)、「Burn」(ディープ・パープル、「Dazed and Confused」(レッド・ツェッペリン))等。

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://dvdnayatsura.blog34.fc2.com/tb.php/159-48c4dcd4

スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。