DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/08 09:29|ミュージックTB:0CM:0



 

 

YUI - Summer song

 

LIFE』(ライフ)は、日本のシンガーソングライター・YUIが2005年11月9日にソニー・ミュージックレコーズからリリースした3作目のシングル。初回版には「BLEACH」絵柄ステッカーを付属。キャッチコピーは「18歳シンガーソングライターYUI待望のサードシングル」。


<収録曲>

  1. LIFE
    • テレビ東京系アニメ『BLEACH』5thエンディングテーマ。 自身初のアニメタイアップとなった。
    • 近年のライブでは、エレクトリックギターを利用した演奏による披露も見受けられる。
  2. crossroad
  3. Tomorrow's way~YUI Acoustic Version~
    • シングル恒例となっている前作のアコースティックバージョン。
  4. LIFE~Instrumental~



YUI
(ユイ、1987年3月26日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。レーベルはSTUDIOSEVEN Recordings(Sony Music Records内部レーベル)、事務所はスターダストプロモーションに所属。身長155cm


<人物>

歌声は「天使の琴声」とよばれ、あぐらをかいてアコースティックギターで弾き語る姿が印象的である。ペットとして、カメ3匹と金魚2匹も飼っている。これらは、メジャーデビューが決まった彼女が地元を離れ上京をする際に、一緒に東京に連れてきたものである。

好きな季節は夏で、好きなアーティストはシェリル・クロウ、ミシェル・ブランチ、アラニス・モリセット、アヴリル・ラヴィーン、スティング、エリック・クラプトン、ダイド、U2、矢井田瞳など。

趣味は映画鑑賞、読書、バドミントン。また、ファッションやメイクなどの女の子的な趣味については、本人曰く「疎い」のだという。 しかし、最近は少しファッション面にも興味が出てきたとインタビューやネットラジオなどでも語っている。

曲を作る際などには、デタラメな英語を口ずさむ。これは後にスタッフがYUI語と名付けた。なお映画『タイヨウのうた』ではYUI語で「Good-bye days」を歌う姿を少しだけだが見られる。オーディションの際も当時はまだ未完成だった「I know」をYUI語で歌った。

同じ事務所の先輩である、竹内結子と仲がいい。


<略歴>

 

初期、メジャーデビュー以前

1987年3月26日、日本の福岡県で誕生。物心つく前から父はおらず、母子家庭で育つ。よって父の記憶はないとのこと。幼い頃は近所の子供と外でよく遊ぶなど活発な子であった。またその頃から漠然と歌手になりたいと思い、中学3年の頃からノートに詩を書きためる。

高校に進学し、学費を稼ぐためにアルバイトをこなしていたが無理がたたって倒れてしまい入院することになる。退院後、高校を中退。ストリートライブを行っていたビアンコネロに話しかけて地元の音楽塾の話を聞く。その後音楽塾に通い始めギター演奏と曲づくりを学ぶ。自宅の布団の上であぐらをかきギターの練習をし、覚えたてのコードで曲作りを始め、最初の曲「Why me」を作る。

その後、福岡市天神の路上でもあぐらをかきながらギターの弾き語りを始める。この頃、音楽塾の知り合いのライブの前座や音楽塾関係のイベントでライブハウスにも登場していたようである。

2004年3月、塾関係者の勧めでソニーミュージックグループの“SDオーディション”に応募し、約2万人の応募者の中から10人の中に残り、最終審査を受ける。このときも普段の路上ライブと同じ様にあぐらでギターを演奏し自作曲を歌いあげる。2曲演奏する審査で「Why me」「It's happy line」を披露したが、「どうしても聴いてもらいたい」と「I know」を追加して演奏し、審査員全員が最高点をつける。3曲歌ったあとは、「怒られそうになったので急いで帰った」とのこと。その後ソニーミュージックグループ内の各レーベルの間で争奪戦が起きるがデビューが決まる。

同年夏前、デビューに向けた準備中に「feel my soul」の原曲を作る。東京と福岡を往復する生活が続き、夏にドラマのタイアップが決まり、秋にギターと金魚と亀を連れて上京する。そして同年12月24日、地元の九州地方限定でシングル『It's happy line/I know』をインディーズレーベルから1000枚限定発売。

 

2005年 - 2006年:FROM ME TO YOU

2005年2月23日、フジテレビ系月9ドラマ『不機嫌なジーン』の主題歌となった表題曲を含めたシングル『feel my soul』でメジャーデビュー。

2005年6月22日、松竹系映画『HINOKIO』の主題歌「Tomorrow's way」を表題曲とした『Tomorrow's way』を発売。

2005年11月9日には、8月に行われたROCK IN JAPAN FESTIVAL2005で披露した「LIFE」を、3枚目のシングル及びアニメ「BLEACH」のエンディングテーマとして発売。

2006年1月18日、自身が福岡から上京するときの気持ちを描いた「TOKYO」を表題曲としたシングル『TOKYO』を発売。

2006年2月22日、初のアルバム『FROM ME TO YOU』を発売。



2006年 - 2007年:CAN'T BUY MY LOVE

2006年公開の松竹系映画『タイヨウのうた』で初主演で女優デビュー。役とリンクさせ“YUI for 雨音薫”名義で主題歌『Good-bye days』も担当。同年6月14日にシングルとして発売。オリコン週間シングルチャート第3位[18]を記録したシングル『Good-bye days』収録曲「Good-bye days」「Skyline」や映画『タイヨウのうた』へのアンサーソングと呼ばれる「I remember you」を表題曲とした次作『I remember you』がオリコン週間シングルチャートで初登場第2位を記録。

2007年1月17日発売のシングル『Rolling star』ではエレキギターをフィーチャーした曲及びミュージック・ビデオでこれまでの所謂「天使の琴声」とは異なるロック路線を展開。また、表題曲はアニメのオープニングテーマに起用された。このシングルで、オリコンに於ける初動売上枚数は7.5万枚。

同年2月16日に発表された第30回日本アカデミー賞では、映画『タイヨウのうた』にて新人俳優賞を受賞。その後3月7日には、au「LISMO」CMキャンペーンソング(「au × YUI」)として起用された「CHE.R.RY」を収録したアルバムからの先行シングル『CHE.R.RY』を、2007年4月4日には2枚目となるアルバム『CAN'T BUY MY LOVE』を発表。このアルバムはオリコン週間アルバムチャートで初動売上枚数29.1万枚を記録し、初登場第1位を獲得。また、発売2週目も10.0万枚を売り上げ、2週連続で第1位を獲得した。

 


2007年 - 2008年:I LOVED YESTERDAY

2007年6月13日には、 テレビ朝日系ドラマ『生徒諸君!』の主題歌「My Generation」と、6月23日公開の映画『サイドカーに犬』の主題歌「Understand」を収録した自身初となる両A面シングル『My Generation/Understand』を発売。このシングルは、オリコン週間シングルチャートで自己最高位となる第1位を獲得。

2007年6月25日には、自身のオフィシャルファンクラブ「YUI-net.club」が開始された。また同年9月26日には、映画『クローズド・ノート』の為に書き下ろされた映画主題歌「LOVE&TRUTH」を表題曲とした10枚目のシングル『LOVE&TRUTH』を発売。このシングルで、自己最高初動売上枚数の更新となる8.7万枚を記録。オリコン週間シングルチャートでは、前作に引き続き第1位を獲得している。

同年11月14日には、4月から6月にかけて行われたアルバム『CAN'T BUY MY LOVE』を引っ提げてのライブツアー「YUI 2nd Tour 2007 “Spring & Jump”」の模様を収録した自身初のライブDVD『Thank you My teens』を発売。11月19日には、自身初となる日本武道館ライブが開催された。

2008年4月9日、3枚目のアルバム「I LOVED YESTERDAY」を発売。2008年4月21日付のオリコン週間アルバムチャートで第1位を獲得した。



<使用楽器・機材>

アコースティックギター・エレキギター

メインとして使用しているアコースティックギターはフェンダー社のESA-10C NATである。また、サブのアコースティックギターとしてフェンダー社のGDC-200SCE NAT、宅録用としてスクワイヤーのBronco Bass Trino Redを所有している。そして、メインとして使用しているエレキギターはClassic Series '50 s Stratocaster 2-Color Sunburst、American Series American Telecaster Chrome Redである。両器の色及び搭載しているピックアップ違い(Black、3-Color Sunburst)をそれぞれのサブとして使用している。

2007年11月頃から77年製のMartin D-28を使用し始め、武道館公演や3rdアルバムのレコーディング、シングルのPVやTV出演などでも使われるようになった。ピックアップは当初はFishman Neo-Dらしきものを搭載していたが、現在は別の物に付け替えているようである。また、YUI LOCKSのページにてS.Yairiのギター(型番不明)を抱えている写真も掲載されているが本人所持の物かは不明。

 

アンプ

フェンダーのTwin Amp 01をメインに使っていたが、2007年11月現在はフェンダーのSuper-Sonic 1-12 Combo BlondeとTwin Amp 01といった曲にあうアンプを選びながら同時に使用している。

 

その他

使用機材は大半がフェンダー製である(チューナーなどエフェクター類(ボリュームペダルはKORG)には他社製品も使用している)。



<ディスコグラフィー>

  • It's happy line/I know(2004年12月24日)※インディーズで九州地区限定発売(廃盤)
  1. feel my soul(2005年2月23日)
  2. Tomorrow's way(2005年6月22日)
  3. LIFE(2005年11月9日)
  4. TOKYO(2006年1月18日)
  5. Good-bye days(2006年6月14日) ※YUI for 雨音薫名義
  6. I remember you(2006年9月20日)
  7. Rolling star(2007年1月17日)
  8. CHE.R.RY(2007年3月7日)
  9. My Generation/Understand(2007年6月13日)
  10. LOVE&TRUTH(2007年9月26日)
  11. Namidairo(2008年2月27日)
  12. SUMMER SONG(2008年7月2日)(予定)

 

アルバム

  1. FROM ME TO YOU(2006年2月22日)
  2. CAN'T BUY MY LOVE(2007年4月4日)
  3. I LOVED YESTERDAY(2008年4月9日)

 

配信限定曲

  • Laugh away(2008年3月19日)
  • OH YEAH 〜YUI Acoustic Version〜(2008年5月1日)

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://dvdnayatsura.blog34.fc2.com/tb.php/139-91b395dc

スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。