DVD YouTube CINEMA

感動と共に、心に残る洋画・シネマを紹介 (映画館劇場案内・映画前売券劇場予約・劇場公開上映予定作品・おすすめ最新映画情報・最新映画DVD発売日・予告編・ストーリー・スタッフ・キャスト)

最新記事

カテゴリー

総合案内

<お知らせ>

トラックバック・コメント大歓迎、只今受付中(内容確認後承認表示)、それと合わせて相互リンクも募集(リンクフリー)

RSSリンク

映画関連リンク

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆彡映画鑑賞日記☆彡

 

LOVE Cinemas 調布バナー

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/31 20:14|ラブストーリー映画TB:0CM:0

両親を探す少年の一途な想いと音楽の力を信じる心が奇跡を起こす、珠玉のファンタジードラマ!11年と16日、施設で孤独な日々を耐えていた少年エヴァン。“両親に会いたい”と、その想いだけを胸にNYやって来る。何一つ手がかりがないまま、両親を探し続ける毎日。しかし、その旅の途中で出会う人々、生まれて初めて手にした楽器の数々が彼の運命を変えていく…。

 

 

“きっと会える”と信じて両親を探す少年の一途な想いと、再会の奇跡を呼び起こす<音楽の魔法>に心揺さぶられる、感動のファンタジー! 11年と16日、施設で孤独な日々を耐えていた少年。「パパとママに会いたい-」その想いだけを胸に NYへやって来た。何ひとつ手がかりがないまま、両親を探し続ける毎日。しかし、その旅の途中で出会う人々、生まれて初めて手にした楽器の数々が彼の運命を変える。彼はストリートで無心にギターをかき鳴らし、あふれる両親への愛を音符に託し続ける。必ずこの音は、この世界のどこかにいるふたりに届くと信じて・・・ 『チャーリーとチョコレート工場』でまっすぐな心を持つチャーリー少年を演じ、世界中の映画ファンを虜にしたフレディ・ハイモアが、今度は、音楽のパワーを信じる心で夢をかなえていく少年の役に、健気な存在感を光らせる。本作『奇跡のシンフォニー』は、必ず会えると信じて両親を探す主人公エヴァンの一途な姿に涙し、再会の奇跡を呼び起こす音楽の魔法に心揺さぶられずにはいられない、珠玉のファンタジー・ドラマである。

  

奇跡のシンフォニー [DVD]

 

amazon.co.jp 

スポンサーサイト
2009/05/31 20:07|ラブストーリー映画TB:0CM:0

伝説の格闘ゲーム誕生から20年─ 路上[ストリート]最強の女戦士が世界の悪をブッ飛ばす!! 「ストリートファイター」の人気キャラクター・チュンリーを主人公にしたヒロインアクション。チュンリーがストリートファイターになるまでの秘話をオリジナルストーリーで描く。

 

 

裕福な家庭で生まれ育った春麗<チュンリー>。しかし、幼い彼女の前で突然、悪漢に父が拉致されてしまい、そのまま父の消息は途絶えてしまう・・・。それから10年後、ピアニストとして成長した春麗だが、母親も亡くなり天涯孤独に・・・。そんなある日、彼女の前に不思議な男、元<ゲン>が現れる。彼は春麗の父親をさらった、秘密結社《シャドルー》と戦い、ずっと彼女を見守っていたのだ。元は春麗に「父親は生きている」と告げる。しかし、再会をするには真のストリートファイターとなり、巨大な敵と闘わねばならぬことを…。今、美しきストリートファイターの過酷な運命が幕をあける。

  

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー [DVD]

 

 

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー [DVD]

 

amazon.co.jp 

2009/05/31 19:59|ラブストーリー映画TB:0CM:0

パレスチナ人女性ガーダ・アギールは、ガザ地区難民キャンプで生まれ育った。ガザ地区南部は古い慣習の残っている地域だ。そんな中で、自立心の強いガーダは伝統的な結婚式を拒否しようとし、今までのやり方にこだわる母親や友人、婚約者の母親とぶつかっていく。1996年ガーダは最初の子、ガイダを出産。その後も、旧来の習慣にとらわれない新しい生き方を貫いていく。2000年、パレスチナではイスラエルの占領に対する抵抗運動(インティファーダ)が始まる。親戚の13歳の男の子カラムの死をきっかけに、母親として気持ちを揺り動かされたガーダ。同時に彼女は、パレスチナ人としてのアイデンティティに目覚める。心に蘇ってきたのは、幼い頃祖母から聞かされた故郷の話や歌だった。ガーダは年配の女性たちに、聞き取り取材を始める。イスラエル軍によって家を壊され、テント暮らしを余儀なくされた100歳になるハリーマ・シュビーア。イスラエルとの国境で農業や放牧を続けるウム・バシーム。彼女たちによって語られる、故郷を追われた人々の苦難の歴史とは…。

 

 

パレスチナとイスラエルを巡る問題は複雑で、長い歴史的な背景を持っており、日本人にとっては理解し難い側面がある。本作は主人公のガーダ・アギールを通じ、戦火にさらされながらも大らかにたくましく生きるパレスチナの人々の姿を、女性の視点から描いた傑作ドキュメンタリーである。 1988年7月、ひとりの女性ジャーナリストが戦火のパレスチナで取材を始めた。古居みずえ、当時40歳。37歳の時、原因不明の病に冒され、1ヶ月後には歩行器なしでは動くこともできなくなる。その時古居は、これまで自分の人生に真剣に向き合ってこなかったことを悔やんだ。奇跡的な回復を遂げた彼女は「一度きりの人生。何かを表現したい」と、それまでのOL生活を捨て、女性ジャーナリストとして自らの人生を大きく転換させる。93年、古居はパレスチナ・ガザ地区の難民キャンプで、当時23歳のガーダと出会う。封建的な社会の中で、自立する道を模索する彼女に興味を抱いた古居は、ガーダにカメラを向けた。以来12年間、記録された映像は500時間以上。そこから完成させた本作では、ガーダの結婚、出産、そして彼女が失われた故郷を求める様子が描かれている。古居との出会いを通じてジャーナリズムに目覚めたガーダは、48年のイスラエル建国に伴い、故郷を奪われたパレスチナ人の体験と暮らしについての取材を始める。相手は祖母と同じ年代の女性たちだ。パレスチナの豊かな自然を背景に映し出される、歌い継がれてきた素朴な詩歌。そして逆境と呼ぶにはあまりにも過酷な状況を乗り越えながら生きる、原初的ともいえる彼女たちの生命力は、鮮やかな色彩を放ちながら、我々に“生きる”ということの実相を投げかけてくる。封建的な男性社会であるパレスチナにおいて、ここまで女性たちの実像に密着した作品は、古今例がない。また老女たちが披露する詩歌は、言語学的、文化人類学的にも極めて貴重であると言われている。そういった意味でも本作は、女性である古居だから撮影する事が可能だった、貴重な映像の宝庫だと言える。

 

ガーダ パレスチナの詩 [DVD]

 

amazon.co.jp 

2009/05/31 19:45|ラブストーリー映画TB:0CM:0

アジア最大のスラムと呼ばれ、前作「忘れられた子供たち~スカベンジャー」の舞台となったマニラ市郊外の巨大なゴミ捨て場”スモーキーマウンテン“が、1995年11月にフィリピン政府により強制撤去された。ここでゴミを生活の糧としていた人々の一部は、マニラから約20km離れたケソン市パヤタスゴミ捨て場へと移り住んだ。そのパヤタスゴミ捨て場は、”第二のスモーキーマウンテン“と呼ばれていた。2000年7月10日、パヤタスゴミ捨て場で崩落事故が発生。この事故が原因となり、その5日後、政府によりゴミの搬入が中止された。ゴミ捨て場に住む人々はゴミ搬入が再開されるまでの4ヵ月間、生活の糧を失うこととなる。様々な問題を抱えるなか生まれる新しい生命、そして死。この作品は苛酷な環境にありながらも、誇りを失わず、逞しく堂々と生きる住民たちの姿を克明に捉えたドキュメンタリー映画である。

 

 

監督について

四ノ宮浩(しのみや・ひろし) 1958年仙台市生まれ。大学在学中に寺山修司率いる「天井桟敷」に入団し、大学を中退。その後、様々な職業をへて、1986年監督デビュー。1995年ドキュメンタリー映画「忘れられた子供たち―スカベンジャー」を完成。第44回マンハイム国際映画祭ベストドキュメンタリー賞受賞など受賞歴多数。 2001年5月「神の子たち」完成。第52回ベルリン国際映画祭、モントリオール国際映画祭へ正式招待を受ける。またNYでのNewDirector/NewFilms映画祭(ニューヨーク近代美術館 MOMA)での上映の際、ニューヨークタイムズ紙に 映画レビュー が掲載された。2002年10月シネマアンビエンテ環境映画祭(トリノ、イタリア)コンペティション部門グランプリを受賞。その後世界20カ国以上の国で上映が続いている。

 

神の子たち [DVD]

 

amazon.co.jp 

2009/05/31 19:34|ラブストーリー映画TB:0CM:0

両親の別離、ストリートチルドレン、HIV胎内感染、少年兵士など世界中の子供たちが抱える厳しい現実を7つの国の巨匠たちがドラマチックに描いた感動作!大人であれば、くじけてしまうような絶望的な時も、ひたむきに今日を生きる純粋な表情。数々のエンターテインメントを世に送りだしてきた巨匠たちが、子供の目線と感受性を表現した結果、観客の問題意識を揺さぶりながらも、胸を打つドラマとして本作を誕生させた。

 

 

両親の別離、ストリートチルドレン、HIV胎内感染、少年兵士など、それぞれの故郷がかかえる問題を、 7つの国の巨匠たちがドラマチックに描いた感動作。子供ならではの恐れを知らない逞しさ。劣悪な状況をも新鮮な遊び場にしてしまう想像力。大人だったらくじけてしまうような絶望的な時も、ただひたむきに今日を生きる純粋な表情。数々のエンターテインメントを世に送りだしてきた巨匠たちは、子供たちに敬意を表し、大人の視点から哀れむことをしていない。子供の目線と感受性を表現した結果、観客の問題意識を揺さぶりながらも、胸を打つドラマとして本作を誕生させた。

 

それでも生きる子供たちへ [DVD]

 

amazon.co.jp 

2009/05/31 19:28|ラブストーリー映画TB:0CM:0

他クラシックレースの常勝者も脱落するほど過酷ながらも、生死を賭けるほど選手を虜にするレースの魅力とはいったい何なのか?100年以上の歴史を持ち、“地獄の日曜日”の異名を持つ過酷な格闘自転車ロードレース、パリ~ルーベに迫るドキュメンタリー。

 

 

“北の地獄”と称される過酷なレースとその裏側を描くドキュメンタリー 『私のキャリアで唯一残念なのはこのレースに参戦しなかった事だ』 ランス・アームストロング 『このレースはゴールすることすら難しく、それだけで賞賛に値する』 イヴァン・バッソ “パリ〜ルーベ”が“地獄”と称される所以は、パリ〜ルーベ間260キロ中に28カ所総延長52.7キロに及ぶ未曾有の石畳(パヴェ)を走破しなければならないことにある。ロードバイクの細いタイヤが石と石の間の溝に挟まり、他のクラシックレースの常勝者でさえ転倒するのである。2007年のレースでは出走192名のうち。完走者は半分の96名だった。選手自身の技術や体力を超えた”幸運”を自らに引き込む力を持った者だけが完走する事を許されるのである。 本作は2007年のレース映像に加え、ジョージ・ヒンカピー、リーヴァイ・ライプハイマーをはじめ、ディレクター、メカニック、カメラマン、ランス・アームストロングやイヴァン・バッソらツール・ド・フランス常連選手等総勢27名のインタビューを収めている。 このドキュメンタリーのハイライトは、ゴールのヴェロドローム(トラック競技場)を走り終え、レースを完走した者だけ入る事を許された伝説のシャワー小屋の模様を収めたシーンだ。ある者は修行者のように瞑想し、レースを振り返るのである。闘いを終え、完走した選手たちだけに与えられる祝福が”パリ〜ルーベ”伝統のシャワーなのだ。

  

ロード・トゥ・ルーベ [DVD] 

 

amazon.co.jp 

2009/05/31 19:20|ラブストーリー映画TB:0CM:0

世界中を飛び回る“やんちゃな年金生活者たち”と評されるコーラス隊「ヤング@ハート」に属する、平均年齢80歳のおじいちゃんとおばあちゃんの姿を描いた笑いと感動の物語。泣いて笑って感動して、生きることの歓びを教えてくれる。

 

 

ボブ・ディラン、ジェームズ・ブラウンなどを歌う平均年齢80歳のロックコーラス隊の活動を追った感動のドキュメンタリー。仲間の入院、死など、悲しい出来事に直面しながらも、年に一度のコンサートに向け明るく元気に練習を重ねる彼らに密着する。

 

ヤング@ハート [DVD]

 

amazon.co.jp 

スポンサードリンク

映画館・劇場予約

特集

最新発売映画DVD

Copyright(C) 2006 DVD YouTube CINEMA All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。